藤岡市でガンや難病、婦人科系疾患に大きな効果がある整体なら、びわの葉温圧をお試しください!

びわ葉温圧 温


がんを始めとする難病の痛みまで副作用のないやさしい施術法で解消しています

あなたはいくつ当てはまりますか?

  • 肩こり、背中の張り、腰痛、頭痛、胃腸の調子が悪く常にからだがすっきりしない
  • 他の整体院ではなかなか症状が改善しない
  • 疲れが抜けづらく、気づくとイライラしたり、クヨクヨしたりしている
  • 常に手足が冷たく、冷房の利いた部屋に入ると具合が悪くなる
  • 足元は冷たいのに、上半身がほてって困る・のぼせやすい
  • がんやがんの再発に不安を感じている

この様なつらい症状でお悩みでしたらびわ葉温圧 温に全てお任せください!

私が施術を担当します!

あなたのつらい症状の全ては、からだの冷えと関係しています。つまり、冷えを解消することで症状を解消することができるのです。

冷えが万病の元とは、なかなか結びつかないかもしれませんが、どんなことからからだは冷えているのでしょうか?不自然な食生活も冷えを生みます。また、からだが冷えていると精神面にも影響し前向きな考えができなくなります。

出てきた症状にだけ部分的に対処するのではなく、からだからのサインを全身症状としてとらえます。

また、当院は通常の整体院のように揉んだりしません。
どのようにあなたの原因を解消するのか、4つの解消法をご覧ください。

当院はこのようにして症状改善をしています根本原因の4つの解消法

足湯で全身を芯から温め、内臓の機能を高めます。

肝臓・腎臓を助ける効果も!

お手当(施術)前に足湯で全身に血液を巡らせます。半身浴と同じような効果が得られ、全身が温まります。

また、人のからだの熱を作りだしているのは筋肉と肝臓ですが、肝臓は生命を支える「巨大な化学処理工場」といわれているように、解毒や栄養素の分解などやることがたくさんあります。

足湯でからだが温まれば肝臓の負担も減り、足湯は腎機能も高めてくれます。内臓を外から助けることができるのです。

万病に効果を発揮するびわ葉温圧の施術で免疫力向上

「びわは医者いらず」といわれるほど、びわ葉の有効成分には目を見張るものがあります。

びわ葉温圧は、自然治癒力と免疫力の向上に優れた効果を発揮するのは、びわ葉有効成分、もぐさの温熱効果、もぐさ棒によるツボ刺激効果の働きがあるからです。

この3つの作用が働いて効果を発揮します。

びわ葉有効成分

アミグダリン(ビタミン17)という成分は鎮痛効果に抜群です。

がん細胞だけを直接攻撃する一方で栄養素としての働きで正常細胞を活発にし自然治癒力を高め直接的にがん細胞をたたきます。

両面からがんを攻撃するため、非常に強力な抗がん作用を発揮するほど効果的なのです。

もぐさの力(温熱効果と有効成分の効果)

もぐさの熱には、がん細胞を叩くリンパ球を増加させて免疫力を高める作用があります。

炎熱は50℃以上の高熱を発しレントゲン線のネクロホルモンまたは紫外線、遠赤外線などと同様な作用をすると言われています。

また、白血球等の活性化や末梢血液の循環、骨組織強化を促進させることができるのです。よもぎの有効成分によって、鎮痛・止血・殺菌作用も認められています。

もぐさ棒によるツボ刺激効果

ツボは神経の交差点で、ツボに圧をかけることによって、鈍った神経が活性化します。

東洋医学では、人のからだには「気・血・水の通路」である「経絡」が走っていると言われています。経絡が外界と関係をもつ点を「ツボ(経穴)」といいます。からだの不調や病気があると、経絡を通してそれに対応するツボなどに痛みや硬結(しこり)といった症状で現れます。

このもぐさによるツボ刺激により、自律神経のバランスを良くし、経絡を通じて五臓六腑(内臓全体)の働きを活発にさせて自然治癒力を高めてくれます。

このようにびわ葉温圧は、3つの作用の働きによる相乗効果で、広範な効果が期待できます。

その他、うつ症状などの心のケアにも効果があります。認知症ケア・予防効果の研究も進んでいます。

痛みに最も効果のある生姜湿布つらい痛みを解消

痛みと毒出しに効果絶大!

慢性病の方はからだは冷え切り、毒素もたくさんたまっているものです。

そういった症状には、しょうがのエキスを入れた湯にタオルを浸し絞ったタオルで全身を包む温湿布が大変効果的です。「あらゆる痛みにしょうが湿布」といわれるほどです。

全身から大量の汗を出し、毒出しにも大きな力を発揮します。生まれ変わったような気分になります。

血管の中を血液がスムーズに流れていれば痛みは生じないのですが、血液が濁って固まり、血管の中に滞ったところができると痛みが発生する恐れがあります。

しょうがのもつ薬効に加え、80℃という高温を利用した生姜しっぷで血行が促され、血液の流れがスムーズになりますと痛みが解消されます。リンパの流れも改善されますので、免疫力も活性化されます。

生活習慣改善の提案から症状の再発防止へ

アフターフォローもお任せください!

あなたは、

  • からだを冷やす食べ物ばかりとっていませんか?食べすぎていませんか?
  • なんでも薬に頼っていませんか?薬を飲んで安心していませんか?
  • 「私 治るのかな?もしかしてこのまま・・・」なんて思っていませんか?

せっかく症状が改善しても、からだを冷やす要因は誤った生活習慣や食生活、服薬、心の持ち方など日常生活の中にたくさん潜んでいます。ですので、症状を再発させないためにも当院ではアフターフォローも万全に整っております。

お手当(施術)と並行してご家庭での生活習慣や食生活改善、お手当法についてもご提案させていただき、当院とご家庭でのダブルWで冷えを解消していただきます。

びわ葉温圧と整体・マッサージとではこのような違いがあります。

びわ葉温圧と整体・マッサージの違いをまとめました。

びわ葉温圧と整体・マッサージの違い

整体・マッサージではどうしても揉んだり押したりと体に負担がかかってしまいますがびわ葉温圧では身体へ直接負担を掛けません。
整体・マッサージと同等以上の対応症状なのにもかかわらず、副作用はほとんどなく体質を根本改善が可能です。

施術自体も、痛みがあるところだけを集中的にやるのではなく、全身に行います。

膝が痛いのにどうしておなかや背中全身のつぼに温圧をするのですか?

びわ葉温圧 温 では出てきた症状を常に全身症状としてとらえます。

血液は全身を巡っているので、全身のツボ、そしてからだの浄化槽である肝臓、腎臓の部位もしっかり行います。冷えは血液をきれいにすることを邪魔します。血液をきれいにすることは、病気治しのカギなのです。

他の整体院などに行かれたことがある方もそうでない方も、当院の施術に最初はそういった疑問を頂いていたも多くいらっしゃいます。

そんな方々が当院の施術を受けられてた感想を頂きましたので是非ご覧ください。

実際に当院の施術を受けて改善した患者様の喜びの声をご覧下さい。

【お客様のご家族の声】病気を診断されてから約3ヶ月後、病巣の腫瘍が縮小しており、痛みもその後出ることはありませんでした

50代 女性  肺がん

●どうして当院を選ばれましたか?またはどのようにお知りになりましたか? ご家族様の病状や症状もお聞かせください。
友達が抗ガン剤治療の間に、びわ葉温圧を受けた所、痛み・気持ち悪さなどの副作用が和らいだという話を聞きました。 肺ガンと診断され、腰の骨にも転移していたので手術や放射線治療は無理ということで少しでも長く痛みなく生活できるには、びわ葉温圧がいいのではということで “温”にかかることにしました。 

●施術を受け、その症状や悩みはどのように変わりましたか?こんなときはこんな施術に効果があったなどお聞かせください。
びわ葉温圧に加え、生姜湿布+里芋パスターもしていただき、体をあたためることを教えていただきました。していただくと、顔色もとても良くなり、夜はぐっすり眠れました。 病気を診断されてから約3カ月後、病巣の腫瘍が縮小しており、痛みもその後出ることはありませんでした。胸水がたまった時にはそばパスターを胸にはり、唐ゴマ彼岸根パスターも併用していただきました。しばらくすると、息が胸の奥の方まで入るようになったと本人は感じたようです。手・足のむくみがひどくパンパンにかたくなった時はには辛子生姜湿布をしていただきました。やっているうちから皮ふが段々と柔らかくなり、お手当のあと、足を触ったら本当にふにゃふにゃになっていて本人も楽になったようでした。

●お客様のこころやからだの変化、また、傍に寄り添い看られていたご家族様の感想などお聞かせください。
お手当と共に、食事も玄米菜食に変えました。すると、30年近く花粉症で毎年苦しんでいたのに、改善後の春、花粉症の症状が出ませんでした。これには本人も家族もビックリしましたが、お手当により血液が浄化され、体質が変わってきているんだなという確信を持つことができました。玄米ご飯を食べる時も先生の提案通り1口200回のそしゃくを心がけていました。便通もよくなりました。 自然のものを使ったお手当てでいろいろな症状に対応でき、続けることにより確実に効果が出ることを家族として実感できました。病院の薬は副作用がありますが、その心配も全くないことも、とても安心でした。

【お客様のご家族の声】手術前にびわ葉温圧で体の免疫力を底上げすることが、これほど効果を上げることに驚きました

女性 40代  子宮がん

●どうして当院を選ばれましたか?またはどのようにお知りになりましたか? ご家族様の病状や症状もお聞かせください。
妹にがんが見つかり、初期ではなく、放射線も難しい場所なので、一刻も早く手術するよう病院から言われ、そのつもりとのこと、友人に相談したところ、びわ葉温圧ががんに効くこと、そして『温』の先生は施術がとても丁寧で、出張もしてくれ、食の改善から生活全般に至るまで幅広く教えてくださると聞き、来院しました。 

●施術を受け、その症状や悩みはどのように変わりましたか?こんなときはこんな施術に効果があったなどお聞かせください。
手術前に、びわ葉温圧、生姜湿布、里芋湿布をしていただきました。妹は、自然療法をあまり信用しておらず、食の大切さにも無頓着でしたが、先生はその大切さを根気よく教えてくださり、食の改善や、手術まで毎日家族でびわ葉温圧をするよう指導してくださいました。手術まで半月ほどしかありませんでしたが、手術の前の検査で腫瘍が小さくなっていると言われ、手術後、たまっていた腹水にもがんが見つからず、手術から13日後に抗がん剤治療もなく退院することができました。 

●お客様のこころやからだの変化、また、傍に寄り添い看られていたご家族様の感想などお聞かせください。
手術前に、びわ葉温圧で体の免疫力を底上げすることが、これほど効果を上げることに驚きました。それはがんに対しても、手術後の回復の早さにも表れていると思います。先手が大事と教えられました。退院後の妹の生活も、以前よりも体を温めることや、食を意識するようになっているようです。 びわ葉温圧を知らなかったら、不安をかかえながら、ただ手術を待つだけだったと思います。でも、自然療法に懐疑的だったのに、体はすぐに反応して力をつけていくのを目のあたりにして、良くなろうとするからだの働きを後押しするびわ葉温圧は、病気と主体的に闘っていくためにできることがたくさんあるということ、すべきことがたくさんあるということを教えてくれました。 さらに、病気と闘う上で、ともに寄り添いサポートしてくれる『温』の存在はとても心強かったです。ありがとうございました。

抗がん剤治療で気持ち悪くて食欲がなかった時もビワをした後はすっきりして痛みも減り、食欲が出ると言っていました

東京都 60代 男性  大腸がん【友人代筆】

● 初めて来院された際はどのような症状や悩みがありましたか?
大腸ガン

●施術を受けるようになって、その症状や悩みはどのように変わりましたか?
抗がん剤の治療で気持ち悪くて食欲がなかった時もビワをした後はすっきりして痛みも減り、食欲が出ると言っていました。 具合が悪くて病院から外出するのはムリだと思っていたような時も前に経験したことを考えると、少々ムリしてでも施術を受けたかったようです。帰りには力が出ていることを実感していたようなので、抗ガン剤の治療のたびに通っていました。

●お悩みが改善されて一番良かったこと、うれしかったことは何ですか?
見ている側としても、病院を出るときの顔色が青白くても、帰るときには血色もよく明らかに元気さが違うと思いました。


また前のように楽しい旅行ができるようになりました

藤岡市 茂木様 60代  メニエール病、肩こり

● 初めて来院された際はどのような症状や悩みがありましたか?
ある日突然、めまいに見舞われ体調を崩してしまった。
疲れやすい状態が何日か続いていて、何をするにも気力がなくなっていました。 

●施術を受けるようになって、その症状や悩みはどのように変わりましたか?
おかげ様で今は毎日30分以上の散布ができるようになり、体調もだいぶ良くなりました。

●お悩みが改善されて一番良かったこと、うれしかったことは何ですか?
また前にように楽しい旅行ができるようになりました。

●同じような症状でお悩みの方にアドバイスやメッセージをお願いいたします。
食事は腹八分目を心掛け、よく噛んで食べること。
又、体を冷やさないようにする事が大事だと感じています。
 
 
 

悪い所の周りから水泡が出て、その度楽になってきています

藤岡市 50代後半 女性  乳がん他

●初めての来院された際はどのような症状や悩みがありましたか?
ガンの転移の不安、免疫低下等があり、どうしたら病気と向き合うための体作りができるか考えていました。

●施術を受けるようになって、その症状や悩みはどのように変わりましたか?
施術を受けた所に水ぶくれが生じた時は好転反応が出る位、体が強くなったとうれしかったのを覚えています。又、治療を受ける度に先生と食事のこと、生活で気をつけること等くつろいで治療を受けつつお話しできるのも楽しみです。

●お悩みが改善されて一番良かったこと、うれしかったことは何ですか?
悪い所の周りから水泡が出て、その度楽になってきています。(出るときは非常に痛いです。) 又、体を医療関係者にまかせるのではなく、自分で判断して考えて行えるのもよかったことです。

●同じような症状でお悩みの方にアドバイスやメッセージをお願いいたします。
病院はその病気の場所の治療のみですが、この方法は体全体を扱っていただけるのでいいと思いました。又、先生の親身になって相談にのっていただけることは他にないものと感謝しています。

おまけに肌も改善され、シミも薄くなり白くなった気がします

藤岡市 50代 女性  五十肩、冷え症

●初めて来院された際はどのような症状やなやみがありましたか?
 五十肩と冷え症がありました。五十肩は寝ている時も痛みがあり、整骨院などにも行きましたが少しもよくなりませんでした。

●施術を受けるようになって、その症状や悩みはどのように変わりましたか?
 施術を受けすぐに不思議に脳から「動くから動かしてごらん」と言われているように感じ、動かしたところ少し動くようになり、少しずつ可動範囲が広がっていきました。

●お悩みが改善されて一番良かったこと、うれしかったことは何ですか?
 痛みがあるのは右肩でした。かばいながら生活することがあたりまえで不便を感じていましたが、知らないうちに右肩を動かしているのに気付きうれしかったです。
朝方目が覚めてしまうことなくぐっすり眠れます。おまけに肌も改善され、シミも薄くなり白くなった気がします。

●同じような症状でお悩みの方にアドバイスやメッセージをお願いいたします。
 五十肩は時間がたてば治るという人も聞きますが、やはり1日でも早くふだんの生活に戻りたいものです。
熱いのではとか跡が残るのではと不安をもたれるかもしれませんが心配いりません。
先生からたくさんの健康情報も聞くことができます。

その他の喜びの声はこちらをクリック

その他のよろこびの声はこちらから

このようにたくさんの方の選ばれているのは当院ならではの6つの理由があるからです。

症状が現れている箇所だけの施術でなく根本から改善。施術の痛みは一切ありません。

痛くないやさしい施術で免疫力を上げます。痛くないやさしい施術で免疫力を上げます。

痛みが出てきた症状にだけ対処するのではなく、全身のケアをおこなうので、「自分でも意識していなかったあの症状まで消えていた」ということがよくあります。

痛みがあるところだけが悪いのではなく、全身が不具合を起こしているのです。血液は全身を巡っています。またからだの各器官は連携し合っているので、全身に目を向けてあげなければなりません。

びわ葉温圧は今ある痛みや不調を改善するとともに、冷えが取れることで、血液浄化や自然治癒力をアップさせ、根本から改善する全身療法です。

また、当院のお手当(施術)は痛みを伴いません。びわ葉温圧もしょうが湿布も多くの方がからだが芯から温まり、気持ちよさから眠ってしまうほどです。

お客様がリラックスできている時、お手当(施術)の効果は一層上がります。大変忙しい現代は特に、日々の中に気持ちいいと思える時間をもつことはとても大切です。

温圧師として認定されている女性施術者の院長が直接施術を行っています

温圧師として認定されています。

他の整体院では施術は院長が行わない...というところもあるようですが、当院では院長が直接施術を行います。

温圧師の認定証も取得しているので、確かな施術をご提供できます。

資格があるとないとでは、手順ややり方で効果に大きな差が出て参ります。

また、院長は自然医学誌を毎月購読し、多くの症例の情報を収集し西洋医学と東洋医学、自然療法を常に学び続けています。

現代医学とびわ葉温圧の施術の組み合わせで症状の軽減や免疫力の向上が期待できます。

痛くないやさしい施術で免疫力を上げます。

薬や手術、抗がん剤などの化学療法には、時にはつらい副作用が起こる場合があります。

手術前にしょうが湿布でしっかりとからだを芯から温めておくと免疫力が上がり、予後が大変楽になります。

また、薬や抗がん剤など化学療法はからだをとても冷やしますのでびわ葉温圧やしょうが湿布と組み合わせること大変効果的です。

お着替えのご用意がありますのでお仕事や買い物帰りにもお立ち寄り頂けます。

リラックスできる清潔な施術着です。

清潔なお着替えのご用意もありますので手ぶらでご来院いただけます。お買い物帰りやお仕事帰りにそのままお立ち寄り頂き受けることが出来ます。

施術中、寒くならないよう必要な個所のみ肌を出すようにしています。

院長と患者様1対1人の対応ですので、そのお時間はあなただけの完全個室です。周りを気にせずゆっくりとリラックスしながら施術を受けることが可能です。

完全予約制なので待ち時間がなく完全個室のあなただけの空間で施術が受けられます。

癒しの空間で施術を受けられます。

完全予約制のため、待ち時間によるストレスをあたえることなく、お客様の時間を大切にすることができます。こちらも、心を整えて、丁寧にお手当(施術)することができます。

また、清潔なお着替えのご用意もありますので手ぶらでご来院いただけます。

お買い物帰りやお仕事帰りにそのままお立ち寄り頂き受けることが出来ます。

家庭でできるお手当法や食事についてご提案など生活改善のセルフケアもお伝えしています。

食事についても親身になりお応えします

定期的なお手当(施術)によるからだのメンテナンスは大変重要ですが、当院では「自分のからだは自分で治す」というセルフケアの気持ちを大切にしていただきたいと思っています。

そこで、冷えを解消する家庭でできるお手当法や食事についてご提案させてもらっています。

お手当との相乗効果で一日も早く元気になってもらいたいのです。

他にも当院ならではのこだわりやサービスがあります。

こだわり(施術効果)

  • もぐさの温熱効果でからだを芯から温め、平熱アップ↑
  • びわともぐさの力で美白・美肌効果アップ↑内臓ケアは肌ケア。
  • 花粉症をはじめとするアレルギー症状に効果大。
  • 冷えをとり、子宮環境を整えるびわ葉温圧は妊娠力アップに効果があります。

サービス

  • あなたのご自宅にて施術を行うこともできます(出張施術)
  • もぐさの煙・匂いにも神経を休ませるリラックス効果を生みます。
  • 施術後はホッと落ち着けるアフターティーをお出ししています。
  • びわの生葉は無農薬で自然のエネルギーたっぷりの淡路島産のものを使っています。

当院にはこのような方が来院されています。

性別

年齢

症状

当院へお越し頂いてからお帰りまでのご利用の流れをご覧ください。

流れ(図1)

流れ(図2)

はじめてご来院される方へよくある質問をまとめました。

Q1温圧(お灸)ってすごく熱かったり、お灸の痕が残ったりしませんか?

肌に直にもぐさをおくものではなく、肌にびわの生葉、8枚折りの布、8枚折りの紙を重ねた上から棒もぐさで圧を加えるので、痕は付きません。じんわりと温まっていくもので熱くなく、心地よい温かさです。

Q2初回にびわ葉温圧を受けたあと、ものすごく眠くなってしまったのですが、どうかしてしまったのでしょうか?

からだが良くなる際におこる症状なので、気になさらなくても大丈夫です。多くの方が眠気を感じています。そのほかに頭痛やだるさ、発熱など風邪に似た症状が出る場合もありますが長くは続きません。個人差があります。

Q3痛みがあるところだけを集中的にやるのではなく、全身におこなうのはなぜですか?

痛みや症状が出ているところだけが悪いのではなく、血液は全身を巡っており、からだは各器官が連携しているので全身症状としてとらえてください。

東洋医学で言うと、腎臓と耳、肝臓と目、肺と鼻というように経絡でつながっており「めまいがする」「耳が遠い」などの訴えは腎臓が弱っているということもあります。

糖尿病になる前に膝の調子が悪かったという方もたくさんいらっしゃいます。部分でのみ考えず、腰痛や膝痛、肩こりなどは内臓が壊れてしまわないように肩代わりしていることもあるのです。

Q4お手当(施術)前や後に注意することはありますか?

びわ葉温圧もしょうが湿布もお手当と呼ばれているもの全般は空腹時におこなうものなので、お食事は最低でもお手当(施術)の1時間前までには済ませておいてください。施術後すぐの入浴も避けてください。

Q5キャンセルや日時の変更はどうしたらいいですか?

完全予約制のため、お客様だけの時間となっているので、分かった時点でご連絡いただけると幸いです。

施術中は電話が取れませんので、留守電に入れていただけるかメールにてその旨お伝えください。

びわ葉温圧の施術に出会い治療家になるまで

こんにちわ、びわ葉温圧 温 のお手当家 菅原和美です。

当院は自宅の一室、ベッド一台の環境でお客様と向き合い、ゆったりとした時間の中でお手当(施術)をさせてもらっています。自分の手を通してお客様ご自身がもっている自然治癒力を高めるお手伝いをさせてもらっています。

手当とは・・・まさに手を当てること。おなかが痛い時、母がおなかをなでてくれた、それだけで痛みが楽になった。そんな安心感を与えられるお手当家でありたいと思っています。

私は群馬県藤岡市に生まれ、4人兄弟の末っ子姉・兄に囲まれながら元気いっぱいに育ちました。

母はあまり薬に頼らず、のどが痛いときには首にネギを巻いてくれたり、熱があるときにはゆきのしたを卸したしぼり汁などを飲ませてくれたり、生活に民間療法を取り入れていました。

そんな、薬に変わる自然のものを取り入れた環境の中で育ちました。

子どもの頃から「スポーツで活躍したい!」という思いが強く、長距離を走ることが好きで、小学6年生の時は藤岡市のマラソン大会で優勝しました。その当時の夢は国際女子マラソンで優勝することでした。

スポーツをやりたいという思いから症状を早期回復させるために薬に頼るように...

「夢の舞台は世界!」そんな夢を抱きながら、中学でも陸上部に所属し長距離を走っていました。

しかし、重度の貧血になってしまい日常生活もだるくて仕方ない状態でした。その治療のため、長期間にわたり鉄剤を飲むことになりました。

鉄剤の副作用で一度、夜中に激しい腹痛で目を覚ますことがありましたが、他の鉄剤に替えてもらうと腹痛は治まり、貧血が楽になるのが何よりうれしく「早く練習に復帰したい!」という思いから、全く躊躇なく鉄剤に頼っていました。

高校でも陸上漬けの毎日でしたが、大学では違う競技もやってみたいと思い、インターハイ優勝者など強豪ぞろいの男子60名、女子は初心者の私1人というレスリング部に入部しました。

毎日の練習ではじめはからだ中、赤あざ、青あざだらけでした。「なんで入部しちゃったんだろう?性格的にも闘うとか苦手なはずなのに...」と何度もやめようかと思いましたが、初めての試合で元世界チャンピオンから1ポイント取れたことでレスリングの楽しさに目覚めました!

やる気とは反対に、「いい練習ができてるなぁ」と思いきや、練習がハードになると体調を崩しダウン。高熱、頭痛、喉の痛みで練習が再開できるのは早くて1週間後・・・というのが常でした。当時は早く練習に復帰したい思いから病院に行っては、よく抗生物質を服用していました。

社会人になってからもレスリングは続けていたのですが、体調も悪く、トレーニングを続けることもモチベーションを保つことも大変になっていたので夢であった海外遠征を区切りに引退を決意しました。

薬の蓄積により身体の免疫が弱くなりスポーツとは縁遠い生活へ...

教員時代も仕事が立て込むと、どんなに予防をしていてもインフルエンザ、マイコプラズマ肺炎、片頭痛薬は常備薬、耳鼻科の常連さんといった具合で体調が常にすっきりしませんでした。

そのたびにすぐ薬に頼る生活をしていたため、この頃になると、薬の蓄積によりからだも相当冷えていたと思います。常に冷えを感じ、平熱は35℃台でした。

服薬の大きな副作用はからだを冷やすことです。

薬の服用を続けていた30代前半、母の肺がん転移と私自身の副腎の病気で歩行困難になることが重なりました。

母は半年前に肺がん手術をおこなっていたのですが、私の病気と時を同じくして母の肺がん転移が見つかりました。

私は「どうしてうちのお母さんなの!」と頭が真っ白になりました。

病院では、母の症状に効果的な抗がん剤はなく、医師には「延命でしかありませんが...」と抗がん剤を勧められました。私の副腎も摘出手術をしてもよくなる保証はないと言われました。

母の肺がん転移と自身の病気をきっかけに人生の大きな転機が訪れました。

母と共にがんや難病の方がたくさん通う東京の自然医学クリニックの門を叩きました。薬をいっさい使わずに病気を治すクリニックです。

延命ではなく、生きるための選択をしました。このクリニックに賭けたのです!そこから生活全般がガラリと変わりました。

薬になる野菜や自然のもの

そこで出会ったのが"びわ葉温圧"と様々なお手当法と玄米菜食でした。化学的な薬をいっさい使わず、野菜や自然のものがからだの痛みをとったり、解熱したり、からだの毒素をとる働きをしてくれます。大きな驚きでした!

私と母は毎日びわ葉温圧や様々なお手当を続け、玄米と野菜中心の食事を徹底したところ冷えがとれ、血液が変わりはっきりと心とからだが元気になっていくのを実感しました。

がん転移のあった母もびわ葉温圧を毎日欠かさず行った結果、がんの痛みを一切感じることはありませんでした。

更に、高血圧のため、約10年間母が飲んでいた降圧剤でしたが、びわ葉温圧と食の改善で必要なくなり、血圧は正常値になりました。

私は10代の頃より悩まされていた不調がうそのように消え、抗生物質、片頭痛常備薬、耳鼻科通いもすべて手放すことができました。

「冷えのおそろしさ」を知り、まさに「食べ物で自分のからだが作られている」「自分の名医は自分自身」を痛感しました。

病院だけが病気を治すところではないと身を持って実感しました。

自然医学や自然療法、マクロビオティックや冷えに関する書籍を沢山みました。まさに、目から鱗でほんとうに理にかなっており、納得できたのです!病気と食の関係性、病気と冷えの関係性、病気と心の関係性を理解することが出来ました。

「母はこれで治る!」と私も家族も疑うことはありませんでした。

がんについては「熱に弱い」と聞くことがあります。それなら、「温める」ことをすればいいのではと思うものですが、医療での手術治療、放射線治療、抗がん剤療法の「がんの三大療法は」には、からだを「冷やす」要素はあれど温めるという要素が全く入っておりません。

体温が1℃下がることで免疫力が3割程度落ちます。逆に体温が平熱から1度程度あがることで免疫力は5倍にもアップするのです。病気と闘うためには「免疫力」が最大のカギとなるのです!

「がんの三大療法」に「温める」を併用することができたら、免疫力が上がり、手術や放射線治療によるからだへの負担を軽くできたり、抗がん剤の副作用で寿命を縮めたりする人も少なくなります。1日もはやく、病院の治療に自然療法や代替医療、「温める」を併用することが当たり前になってもらいたいです。

また、一度病院に入ってしまえば、家族は何も手を出せません。しかし、お手当は身近にいる家族がしてあげられます。

病気の母に対していろいろなことができるので「自分はなにもしてあげられない」という強い無力感や不安や恐怖を感じることがありませんでした。

やれることがあることはとても幸せなことです。お手当する時間は私にとって心安らぐ時間だったのです。母と対話し、自分らしくいられました。

しかし進行が早く、末期の肺がんだった母はがんを克服するところまではたどり着きませんでしたが、玄米菜食と自然のお手当で全く痛みを感じることなく最期まで家族に囲まれ自宅で過ごすことができました。

亡くなる数時間前に仕事から帰宅した兄に「あんちゃん、おかえり」といった言葉が最後になりましたが、眠るように旅立ちました。

いつも私たちの帰りを笑顔で迎えてくれた母らしい旅立ち方でした。

教職を辞め、母や自分のようにつらい症状に悩む多くの人を救うために...

これはと思ったものには躊躇なく進む私は「ひとりでも多くの方に自分の経験を通して得たことを伝えたい」と強く思い、教職を辞しました。

枇杷葉温圧本部 宗家 福岡和峰先生に師事し、2013年 びわ葉温圧 温 藤岡市にて開業いたしました。

からだを温めることではじめて「私はこんなに冷えてたんだね」と自分の冷えに気づかれる方が多いです。お手当の後はとても柔らかい表情に変わります。みなさん本当にまじめでがんばり屋な方ばかりです。

なので、お手当について、食についてご提案させてもらったことには真剣に取り組まれます。真剣に取り組めば取り組むほど排毒は進みます。排毒はうれしいことなのですが、からだを細胞レベルから変えることなので、本人にとってはその過程はほんとうに苦しいことなのです。

そんな時は「出てきた症状はすべて排毒!よくなってる証拠!出てきてくれて感謝感謝!」と考え、からだを温め続ける人はどんどんよくなっていきます。

反対に、排毒と思えずに「病気が悪くなってるんじゃないか?」「もしかしてもうダメなんじゃないか?」と疑ってしまう方は心が冷え、ほんとうにガタガタっと悪くなってしまいます。

そんな時、どうして今こういう症状が出ているのかを自然医学や東洋医学に沿って説明させてもらうと安心されます。西洋医学の考え方とは全く逆なのでとても不安なのです。

そして、今出ている症状を和らげるお手当法はいくらでもあります。お手当はいっさい副作用がありません。症状が和らぐと安心できます。

あなたの人生をキラキラ輝けるものにするため精一杯お手伝いをさせて頂きます。

膵臓癌末期の痛みで眠れないお客様が、しょうが湿布の後、気持ちよさそうにウトウトし「どの場所が一番痛いですか?」とお聞きした時、「痛い場所を忘れてしまいました」と仰っていました。

肺がんのお客様で胸水、足のむくみが強く、辛子しょうが罨法の後、尿がたくさん出て沈んでいた気持ちがぐっと上がっておられました。

大腸がんの激しい痛みがびわ葉温圧で和らぎ、帰宅後よく眠れたと伺いました。こういったの多くの改善や痛みの解消のご報告を頂いております。

私にとっての幸せの時間は、お客様が痛みや苦痛から解放され、笑顔になられた時です。

痛みや病気治しで頭がいっぱいになっている今は、それが解消すればいいと思っているかもしれません。

疲れきったあなたの心に寄り添い生きる力をよみがえらせたい。お手当にはそんな力があります。

しかし、健康はゴールではなく人生を自分らしくキラキラ輝けるものにするためのスタートラインです!

お客様の人生をキラキラ輝けるものにするためのお手伝いを精一杯させてもらいたいと思います。

つらい症状から開放されたらあなたは何がしたいですか?
当院の施術を受けるとこのような未来が実現します。

不快な症状も解消!痛みや冷えの症状ともサヨナラできた!

料金の目安

腰痛の症状の場合

腰痛で来られた方も腰だけの施術ではなく、おなかや背中、足など全身をおこないます。

びわ葉温圧>合計6,000円

がんや強い冷えを抱えている方(手術前にもとても効果的です)薬を常用されている方や長年飲まれていた方の場合

鎮痛効果や強力な毒出し(デトックス)効果が期待できます。

しょうが湿布+里芋パスターの施術>合計10,000円

さらに! 効果が高く副作用のない

ご予約の際に「ホームページを見ました!」とお伝え頂けますと...初診料2,000円>半額!!

ご予約・お問い合わせはお気軽にご連絡ください

担当者が、「はい、びわ葉温圧 温です。」と電話にでますので、「ホームページを見ました。予約を取りたいのですが」とおっしゃって下さい。「お名前」「ご希望の日にち」「お電話番号・連絡先」「お困りの症状」をお伝えください。

もし、ご希望の日時が空いていない場合、出来るだけご希望に近い日時をご提案致します。その日時でよろしければ予約完了です。

090-6169-8271

営業時間以外は留守番電話に繋がります。

ご予約・お問い合わせはお気軽に!  メールでのご連絡はこちらから

びわ葉温圧 温新着記事一覧

2015年10月09日
秋は肺の毒出し
2015年09月02日
びわ葉有効成分
2015年09月01日
もぐさ棒によるツボ刺激効果
2015年08月28日
もぐさの力(ヨモギの有効成分と温熱効果)
2015年08月19日
全身しょうが罨法(湿布)ってなあに?

びわ葉温圧 温のご案内

住      所:
〒375-0021群馬県藤岡市小林19-19専用駐車場1台あり(無料)
アクセス:
八高線群馬藤岡駅から車で8分/高崎線新町駅から車で15分
お問い合わせ・ご予約
090-6169-8271
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
水曜、日曜、祝祭日は不定期

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ