藤岡市でガンや難病、婦人科系疾患に大きな効果がある整体なら、びわの葉温圧をお試しください!

びわ葉温圧 温


びわ葉有効成分

びわ葉温圧はなぜ、がんに効果があると言われているのか?


びわ葉有効成分びわ生葉 アミグダリン.jpg
アミグダリン(ビタミンB17)の働きで正常細胞をより活性化し、自己治癒力を高めます。これにより一層がん細胞の増殖を防いでいきます。
びわ葉成分のアミグダリンが がん細胞だけを選んで攻撃!


効能のキーワードはびわ葉に含まれる成分 アミグダリン

アミグダリンは国の内外の研究者によってその薬効のメカニズムが明らかにされています。医学や薬学の分野ではリートレルやビタミンB17という名称で知られています。

アミグダリンは微量の青酸を含む糖質で、正しくは「アミグダリン青酸配糖体」と呼ばれるものです。青酸というと青酸カリ等の名称で周知のように猛毒というイメージを受けますが、びわの葉のアミグダリン青酸配糖体は不活性の安定した物質で、青酸だけが遊離した状態で存在しているわけではありません。すなわち生体に無害なわけです。

ところが、アミグダリンが皮膚を通して浸透していくとがん細胞に多く存在するβ・グルコシターゼという分解酵素に反応して、シアン化合物(青酸)、ベンツアルデヒドを生じさせ、これらは単独より百倍以上の複合毒性を発揮し、がん細胞だけを選んで攻撃するのです。一方正常細胞にはβ・グルコシターゼは存在しませんのでシアン化合物(青酸)は発生しません。

そして、その後、生体がもつ保護酵素ローダネーゼによって、シアン化合物(青酸)は中和されて、チオシアネートという血圧調整剤に、ベンツアルデヒドは酸化されて、安息香酸という鎮痛、殺菌、抗リウマチ剤になります。
 

つまりアミグダリンは正常細胞に対しては有益に働き、がん細胞だけを選んで攻撃する副作用のない抗がん剤であると同時に、がん特有の痛みを抑えるモルヒネのような鎮痛剤の役割を果たしてくれるのです。





びわ葉温圧 温のご案内

住      所:
〒375-0021群馬県藤岡市小林19-19専用駐車場1台あり(無料)
アクセス:
八高線群馬藤岡駅から車で8分/高崎線新町駅から車で15分
お問い合わせ・ご予約
090-6169-8271
受付時間:
9:00~19:00
定休日:
水曜、日曜、祝祭日は不定期

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ